第一印象で信頼を掴め|不動産女性営業マンの服装や必需アイテムを解説

投稿日 : 2020年04月03日

総務省統計局の平成26年レポートによると、不動産業界で働く女性比率は45.5%と発表されています。

他の業界に比べて少ない比率ではありますが、女性営業の方々が活躍しているのをよく見かけます。

顧客から信頼を得るためには誠実な対応はもちろん不可欠ですが、第一印象も重要です。

今回は、お客様の信頼を得るための身だしなみについて説明します。

kobayashi この記事の監修者:
平山 和歌奈
宅建スペシャリスト

不動産会社や金融機関にて、ローンの審査業務、金消・実行業務などに従事。その過程で、キャリアアップのため自主的に宅建の取得を決意。試験の6ヶ月前には出勤前と退勤後に毎日カフェで勉強、3ヶ月前からはさらに休日も朝から閉館まで図書館にこもって勉強。当日は37℃の熱が出てしまったが、見事1発で合格した。現在はiYell株式会社の社長室に所属。

 

不動産女性営業の服装3つのポイント

「人は見た目9割」というベストセラー本がありましたが、不動産営業にとってもお客様に与える見た目の第一印象はとても重要です。

仕事ができて人当たりが良くても、身だしなみが整っていなければ、相手に良い印象を与えることはできません。

女性に限らず、営業職の服装は次の3つのポイントを押さえておくことが大切です。

  • 清潔であること
  • ベーシックで品があること
  • 仕事がしやすい、動きやすい服装であること

 

営業スタイルはスーツであることが望ましい

最近では、あらゆる職場でオフィスカジュアルが広がりを見せていますが、不動産業界は基本的にスーツスタイルが望ましいでしょう。
お客様への契約や重要事項の説明では真摯な態度が求められます。フォーマルなスタイルで対応いたしましょう。
では、どんなスーツスタイルが好ましいか見ていきましょう。

色は黒、グレー、ベージュ、ネイビーなどがおすすめですが、黒色の場合は冠婚葬祭スタイルにならないよう、フォルムに注意が必要です。

  • ジャケット丈

ジャケットは丈の長さと色に注意しましょう。

襟のあるものを選び、季節に合わせた生地を選ぶことも大切です。春夏用と秋冬用を使い分けるのがいいでしょう。

丈は短すぎるとカジュアルになってしまうので、ヒップの真ん中くらいにくるものを選ぶことがおすすめです。

ボタンは2つか3つのもので、無地やストライプ柄の体の線を強調しすぎないベーシックなシルエットが良いでしょう。

  • ボトムス

ひざ丈のタイトスカートがおすすめです。

しかし、不動産の営業の場合、物件の下見で足元が汚れることもあります。

急いで歩くシーンも多く、スカートでは不便を感じやすいためパンツスーツでも良いでしょう。パンツスーツはアクティブで活発な印象を与えます。

  • インナー

襟回りが開きすぎていないカットソーやシャツを選びましょう。

個性的になりすぎない、優しめの色や明るめの色がおすすめです。フリル付きやビビットな色は、好まれない場合があるため注意が必要です。

ジャケットやボトムスのバランスをみて、デザインを選びましょう。大柄なデザインののものより無地の方が合わせやすいです。

春はパステルカラーやペールトーン、秋冬はベイクドカラーやモノトーンのインナーが好印象です。

服のメンテナンス

裾がほつれたり、ジャケットにしわがよっていると、清潔感を損ないだらしない印象を与えてしまいます。

シャツやブラウスはこまめにアイロンをかけ、スーツは定期的にクリーニングに出して、いつでも綺麗な状態にしておきましょう。

靴選びのポイント

靴は、ブラックでデザインもシンプルなものを選ぶと良いでしょう。

5㎝程度の高さのヒールやパンプスがおすすめです。夏場はサンダルなどカジュアルすぎるものは避けましょう。

物件の案内もするので、素足・生足は厳禁です。ベージュのストッキングを履くことが基本です。

バッグはカジュアル過ぎない機能的なものを

バッグ選びのポイントは容量と機能性です。

タイプとしては、ショルダーバッグかハンドバッグが使いやすいでしょう。

営業職の場合、1日外出しているということも少なくないため、荷物も増えがちです。

女性の基本的な常備品の他に、筆記用具とA4サイズの書類が入る大きさのバッグが良いでしょう。色はブラウンやブラック系がおすすめです。

 

 

メイクも印象を決める重要項目

顔から受ける印象で気をつけたいポイントは、顔つきや目つきに加え「肌の質感」です。

肌の色ムラや赤み等の悩みがある方は、幼く見られたり、緊張しているように見られるので、ベースメイクをきちんとされることをおすすめします。

素肌が整っている方でも、ノーメイクはずぼらな印象を与えるため、ベースメイク(肌色を整える下地、ファンデーション)、ポイントメイク(アイメイクやリップ)は最低限行いましょう。

 

ナチュラルメイク

メイクのポイントはナチュラルさです。幼すぎないように、また派手すぎる印象を与えないようにメイクしましょう。

  • 眉毛

表情を作る重要なポイントです。細すぎないように、ぼさぼさになりすぎないように適度に整えましょう。眉カットをしてくれる美容室を利用するのもおすすめです。

  • アイライン

アイラインはしっかり強い色で入れすぎるとお化粧が濃く見えてしまうので、適度にぼかしましょう。

  • リップ

真っ赤な色など派手すぎる色は避けましょう。

  • その他

つけまつ毛、カラーコンタクト、まつ毛エクステ等は避けましょう。

必需品

女性営業にとって必要なアイテムは以下のとおりです。

  • 化粧道具

1日外出していると化粧も崩れてしまうため、最低限の化粧道具は持ち歩くようにしましょう。

また、冬は乾燥しやすいのでリップクリームやハンドクリームなどの保湿アイテムも持ち歩きましょう。夏は顔のテカリをおさえてくれる油取り紙も有効です。

  • オーラルケア用品・制汗グッズ

エチケットとして必要です。歯ブラシ、爪楊枝、時間がないときはガムやタブレットで代用できるよう、持ち歩くと良いでしょう。

  • ストッキング

意外と忘れがちなアイテムですが、出先で伝線してしまったときにすぐ履き替えられるよう常備しておくと安心です。

  • 絆創膏

靴擦れ対策として常備しておくと良いでしょう。ちょっとした傷の対応もできます。

 

 

ヘアスタイルは清潔感を重視

季節、年齢関係なく、清潔であること、シンプル・ナチュラルであること、年齢相応であることを心がけましょう。

特に、清潔感は相手に好印象を与えるための最低条件です。

清潔感を出すには、髪を洗う、トリートメントをする、ドライヤーで乾かす、ブラシをかけるというような基本的な手入れをすることが大切です。

好印象を与える髪型のポイントは、おでこ、耳、フェイスライン、首元を出すことです。すっきりとした明るい印象を与えることができます。おでこは、額すべてを覆わないようにサイドパーツ、センターパーツにわける前髪にすると良いでしょう。

シンプル・ナチュラルなヘアアレンジ

ヘアアレンジは凝りすぎないことがポイントです。

ヘアアレンジに凝ってしまうと、髪型を作るときの工程数が多くなり、ヘアアクセサリーのデザインが華美になります。ビジネスではマナーの方が大切であるため、おしゃれは最低限にしましょう。

工程数は2ステップ以内にしましょう。ゴムを使わずにできるアレンジとして、髪を横に2つに分ける、縦に結ぶという髪型もシンプルでおすすめです。

ヘアカラーも、多少明るくする程度であれば大丈夫ですが、アイブロー(眉毛)を髪の色に合わせる必要が出るレベルになると、明るくしすぎなので注意しましょう。

年齢相応の髪型

髪型は、顔の印象を大きく変える要素の1つです。

顔の印象とバランスをとって髪型を決めると良いでしょう。年齢相応にみてもらえるようにポイントを押さえることも大切です。

髪の毛が長すぎると、お客様への説明時に髪の毛が垂れて相手に不快感を与えてしまうことがあります。髪をまとめる、ミディアムにするなど工夫しましょう。

 

年代 ポイント
20代 派手過ぎない程度に流行を取り入れましょう。情報を持っていそう、興味や関心が深そうという印象を与えることができれば、営業として親近感や安心感が生まれます。

参考になる芸能人:上戸彩、水原希子

30代 20代よりシンプルに素材を生かした髪型にすると良いでしょう。

30代は髪の長さも個人に似合った長さでシンプルにまとめてみましょう。

参考になる芸能人:広末涼子、松たか子、竹内結子

40代 40代は加齢による髪質の低下や白髪に気を付け、老け込まないことがポイントです。手入れを行い、若さを保つことが大切です。

髪型は長すぎると少し落ち着いた印象が強くなるため、ミディアムからショートがおすすめです。

参考になる芸能人:吉瀬美智子、米倉涼子、松嶋菜々子

 

季節ごとのおすすめの服装と注意点

季節ごとのおすすめの服装と注意点は以下のとおりです。

季節 おすすめの服装 注意点
春先は肌寒い日も多いため、スプリングコートが重宝されます

スーツは春物にチェンジして、カーディガンやベストで体温調整をするのがおすすめです

スーツのインナーを薄手に変えるときは、デコルテの露出が多くならないように注意しましょう

裏地のついた冬用のジャケットを着ていると野暮ったい雰囲気になってしまうため注意しましょう

ボトムスは夏用のタイトスカートやパンツが、トップスは胸元が見えないインナーに薄手のカーディガン等を羽織るスタイルがおすすめです

また、吸湿性や消臭性に優れた生地を使ったブラウスやシャツを合わせるコーディネートも良いでしょう

ジャケットを羽織る場合は、七分袖のものが涼しげにみえます

「下着の透け」に注意が必要です

冷感素材のキャミソールを取り入れてカバーすると良いでしょう

ベージュのスプリングコートが1着あると、春秋両方使用できるため便利です 9・10月は暑さが残りますが、夜は気温が下がりやすいためカーディガンを常備するなど帰宅時の寒さ対策が必要です

秋冬用のスーツは厚手の生地になりますが、電車内など暖房の効いた場所では暑いと感じることもあるため、汗を吸収する肌着や汗拭きシートで汗対策を行うと良いでしょう

ウール製の保温性の高いジャケット、パンツの下に厚手のレギンスやタイツなど、暖かさ重視の服装がおすすめです

化学繊維を用いたものよりも、カシミヤなど天然素材を用いたインナーが暖かいでしょう

タートルネックやマフラー、足元は隠しレッグウォーマーなどがおすすめです

風邪やインフルエンザが流行るため寒さ対策が必要です

 

まとめ

不動産営業のお仕事は、買主様、売主様に信頼していただくことが重要です。

好印象を与える服装やメイクは、信頼を得るための第一歩です。お客様に不快感を与えない身だしなみを意識しましょう。

また、営業で活躍していくためには、自分の長所を理解し、そこを伸ばすことが必要です。

季節によって工夫しながら、カジュアルになりすぎないように、自分らしい服装を見つけていきましょう。