不動産事業者・住宅事業者のための総合専門メディア

不動産営業実務マニュアル

宅建免許とは?不動産開業の流れや宅建免許が不要のケースを解説

投稿日 : 2021年06月02日
宅建免許宅地建物取引業免許(以下、宅建免許)は、不動産事業の開業に欠かせない免許です。 宅建免許の取得には期間も費用もかかるため、よく調べた上で申請する必要があります。

不動産営業とは?仕事内容と成約率アップのポイントを解説

投稿日 : 2021年05月24日
「不動産営業の成績がなかなか上がらない」 「早く一人前になって、上司に認められたい」 不動産の購入は、お客さまにとって高額な買い物。即決で契約する方は少なく、契約が取れない日々が続くと焦りますよね。

建築士とはなにか?仕事内容と建築士試験について解説

投稿日 : 2021年05月04日
建築士の仕事自体はとてもメジャーなので、名前だけは知っていても、仕事内容までは理解していない人もいるのではないでしょうか。 そこで本記事では、建築士は建築の現場においてどんな役割を持った職業なのか、1級・2級建築士がそれぞれどんな仕事を担当できるのかなどについて解説します。

不動産業界ニュース

他社と差をつける販促・マーケティング!7/30(金)無料WEBセミナー開催

投稿日 : 2021年07月28日
不動産・住宅事業を展開する事業者様を対象として、2021年7月30日(金)に無料のWEBセミナーを開催します。 タイトルは、『今、進化している WEB×DM顧客接点強化セミナー』。 不動産業界のマーケティングに欠かせない「WEBサイト」と「DM」を駆使して、コンバージョンを獲得するための最新の販促・マーケティング手法を、実際の事例とともに分かりやすくご紹介します。

環境に配慮したIoTレジデンス「タスキsmart不動前」が、通常の5倍の反響を得て販売契約を締結

投稿日 : 2021年06月18日
不動産テックを活用した新築投資用IoTレジデンスの企画開発を行う株式会社タスキが、2月24日に発表した環境に配慮したIoTレジデンス新シリーズ「タスキsmart不動前」で、不動産投資家から通常の5倍もの問い合わせがあり、販売契約にいたったことを発表しました。

「不動産のプロが考える不動産が売れない理由」ランキング発表!新型コロナの影響で売れづらくなる家とは?

投稿日 : 2021年03月26日
AIを活用して最短2日でマンションを売却できる国内初のサービス「すむたす買取 」を提供する株式会社すむたすは、不動産売買業の従事者に対して、「売れない・売れづらい不動産の理由」に関する意識調査を実施しました。

業務効率化

イエウールの特徴と査定方法

投稿日 : 2021年07月21日
不動産のオーナー様が売却を検討する際、不動産一括査定サイトを使って複数の不動産業者に一括査定を申し込むケースが最近では増えてきています。 株式会社Speeeの運営する「イエウール」も不動産一括査定サイトのひとつですが、イエウールは査定を依頼するオーナー様だけでなく、査定依頼を受ける不動産業者にとっても利便性の良いサービスです。

リビンマッチの特徴と査定方法

投稿日 : 2021年07月21日
不動産も戸建てやマンション、土地などいろんな種類があります。不動産会社によっては専門分野や得意、不得意などがあるかもしれません。 リビンマッチは、不動産に関するさまざまなサービスを利用できるポータルサイトです。

スペースリーの特徴と料金体系

投稿日 : 2021年07月17日
不動産業者が契約率を上げるためには、質の高い接客が不可欠になりますが、接客にインターネットを活用する企業も増えています。 オンライン接客のために利用できるソフトウェアも多く開発されており、株式会社スペースリーの提供するスペースリーというサービスもその一つです。360度VRコンテンツを、誰でも簡単に作成できます。

スペシャルコンテンツ

不動産の営業マンに役立つ宅建士とは?【資格が人気の理由3選】

投稿日 : 2020年12月31日
「不動産の営業は、宅建を持っていた方がいいの?」 「宅建を持っているメリットって?」 不動産の営業マンが宅建の資格を持っていなくても、法律的には問題ありません。

【動画】リフォーム営業を変える!自己資金にとらわれない受注方法とは?

投稿日 : 2020年12月03日
工務店やビルダーがやるべきことは、住宅の建設・販売に限りません。既存住宅のリフォームも欠かすことのできない重要な仕事です。

【動画】専門家が解説!オンライン接客・商談の極意

投稿日 : 2020年12月01日
昨今のコロナ禍において、住宅事業者である皆さんの営業スタイルも、従来の対面での接客からWeb会議システムなどを利用したオンラインでの営業に変化しつつあります。