目指せ!宅建士への道

宅建士資格取得に役立つコンテンツやノウハウを分かりやすくお届けします

不動産の営業マンに役立つ宅建士とは?【資格が人気の理由3選】

投稿日 : 2020年12月31日
「不動産の営業は、宅建を持っていた方がいいの?」 「宅建を持っているメリットって?」 不動産の営業マンが宅建の資格を持っていなくても、法律的には問題ありません。

広告開始時期と契約締結時期の違いを確認|進捗状況で変わる広告等の制限

投稿日 : 2020年06月01日
宅建業者が未完成物件の販売広告をする場合には、宅建業法により定められている広告開始時期の制限を守らなければいけません。

広告等に関する宅建業法の決まりを確認|取引態様の明示と誇大広告の禁止

投稿日 : 2020年05月31日
分譲マンションや新築・中古戸建の売り出し広告など、宅建業者が営業活動をする上で広告を使った宣伝は必須です。

媒介契約書面(第34条の2書面)とは|交付方法・記載事項・約款を確認

投稿日 : 2020年05月30日
媒介契約を締結するときには、宅建業者とお客様との間で媒介契約書面を取り交わします。

媒介契約3種類とそれぞれの規制を確認する|媒介と代理の違いとは

投稿日 : 2020年05月29日
宅建業者は自社主体で不動産を売買するだけでなく、お客様所有の不動産の売却先を見つけたり、不動産を購入したいお客様に向けて物件の紹介をしたりします。

宅地建物取引業保証協会の業務とは|必要的業務と任意的業務に分けて解説

投稿日 : 2020年05月28日
宅建業者の多くは、開業時に必要な営業保証金のコスト削減などを目的として宅地建物取引業保証協会(保証協会)に加入しています。

弁済業務保証金の還付と取り戻し|営業保証金との制度の違いを確認

投稿日 : 2020年05月27日
営業保証金と同じように弁済業務保証金にも、還付や取戻しの制度があります。

弁済業務保証金制度を解説|分担金の納付から保証協会の供託まで

投稿日 : 2020年05月26日
宅建業を開業するときには営業保証金を供託する必要がありますが、供託所ではなく、保証協会に金銭を納めることもできます。

営業保証金の還付と取戻し|供託金を渡す相手と条件・方法等を確認

投稿日 : 2020年05月25日
営業保証金とは、宅建業者が取引相手に与えた損害を供託所が代わりに弁済するために供託所に預ける金銭等のことですが、

営業保証金制度について解説|供託の目的と方法・期限・金額・供託先

投稿日 : 2020年05月24日
宅建業者は高額な不動産を取り扱いますので、万が一トラブルが起こった際に取引相手がこうむる損害額も大きなものになります。