住宅に関する法律

実家を相続した場合、相続税はいくら?税金がかからない条件・特例を解説

投稿日 : 2022年07月28日
不動産業を営んでいると、不動産を相続した際にどうすればいいのかという相談を受けることがあります。 両親が暮らしていた実家を相続した場合、課税総額が大きいと相続税がかかることがあります。ただ、実際は各種特例を利用することで「相続税がかからないケース」も少なくありません。 今回は相続税がかからないケースを紹介しながら、実家や店舗などを相続した場合に相続税が控除される特例と実際の計算の流れを紹介します。

不動産の管理を自分以外に任せる信託登記とは│メリットと費用を解説

投稿日 : 2022年07月28日
高齢化が進んでいる現在、認知症の患者が徐々に増加しているというデータがあります。もし自分が認知症になった場合に財産をどうするか、将来について悩んでいる方も多いでしょう。 不動産営業の立場として、そのような方から財産の信託についての相談を受けることもあるかもしれません。 信託は信託登記が必要になるため、相談を受けるならその辺りの知識を身に着けておく必要があります。 本記事では信託について学び始めた不動産営業の方に向けて、信託登記の基本的な内容を解説します。

不動産の抹消登記は自分でできるのか?│費用と必要書類について解説

投稿日 : 2022年07月28日
不動産営業の仕事をしていると、かつて住宅を買ってくれた方から抵当権抹消登記について説明を求められることがあるかもしれません。 抵当権抹消登記は住宅ローンを組んだ方ならいつかは行う手続きではありますが、住宅ローンを組んでから最長で35年も手続きとは無縁でいることも多いです。債務者が内容を理解していないことも少なくありません。 今回は登記について学び始めた不動産営業の方に向けて、抹消登記の基本的な内容と必要書類・費用、自分で手続きする際の大まかな流れを解説します。
登記簿

付記登記とは|言葉の意味と代表的な登記の例を解説

投稿日 : 2022年07月28日
不動産の登記を行ったあと、登記した方の指名や住所が変わることはよくあります。そのようなケースで利用されるのが「付記登記」です。 お客様から問い合わせが来た際に、仕組みを理解していないとスムーズに回答ができません。 本記事では付記登記の基本や目的、具体的な利用事例について紹介しているので、この機会に制度内容について理解を深めておきましょう。

火災保険の水災保険(水災補償)は入るべき?いらない?判断基準を解説

投稿日 : 2022年07月28日
不動産営業として火災保険の話をする際、よく話題に出るのが「水災保険(補償)は付けたほうが良いのか?つけなくても良いのか?」というものです。実際、保険料を安くするためにカットするお客様もいます。 ただし、水災保険は自宅の立地によって必要性が全く異なり、カットしても良いのかは簡単に判断できるものではありません。 本記事ではお客様から相談を受けることを想定し、「水災保険の必要性」について解説します。

宅地建物取引業法

投稿日 : 2020年01月03日
インスペクションの説明義務化の概要 出典:国土交通省 インスペクションの本格普及へ

住宅瑕疵担保履行法

投稿日 : 2020年01月03日
欠陥住宅を消費者目線で救済

住宅性能表示制度

投稿日 : 2020年01月02日
設計評価書の交付件数の推移

住宅の品質確保の促進等に関する法律

投稿日 : 2020年01月02日
瑕疵保証、性能表示、紛争処理が3本柱

長期優良住宅化リフォーム

投稿日 : 2020年01月01日
既存住宅でも長期優良認定が可能に