【住宅事業者必見】顧客から信頼されるハウスメーカーの営業マンの特徴11を解説!

投稿日 : 2023年12月04日/更新日 : 2024年06月06日

お客様がハウスメーカーを判断する基準となるのは、接客を担当する営業マンの対応です。

営業マンの対応が良いハウスメーカーは、多くのお客様から信頼を得ています。

ここでは、お客様から信頼されている営業マンの特徴について、詳しく解説します。

住宅ローン業務を軽減したい
不動産事業者様はこちら
\ 住宅ローン業務を軽減したい不動産事業者様はこちら/
資料請求・お問合せはこちら

お客様がハウスメーカーを選ぶ際に重要視していること

お客様がハウスメーカーを選ぶ際に重要視していることの一つは、その会社の規模です。

大規模な会社を好んでいる人だけでなく、規模の小さいハウスメーカーを好んでいる人もいます。その一方でお客様は、接客を担当している営業マンの対応力を重視していることもあります。

規模の小さなハウスメーカーであっても、接客を担当している営業マンの能力が高ければ、多くのお客様から信頼を受けることは可能です。

こうしたことを考慮してハウスメーカーを選んでいる顧客も多いことから、企業ではお客様に信頼される営業マンの育成に力を入れています。

第一印象は3秒で決まる

ハウスメーカーに相談をするお客様が、接客を担当する営業マンを判断するまでの時間は非常に短いです。

相手の第一印象は3秒程度の時間で決まる、ともいわれています。第一印象が悪くなると、その後の対応がしにくくなることも多いので、できるだけ第一印象を良くするように心がけることは、ハウスメーカーの営業マンにとって欠かせないことではないでしょうか。

積極的に笑顔を見せることでも、お客様の第一印象を良くすることができます。

信頼できない営業マンの特徴

ハウスメーカーで営業を担当している営業マンの中には、お客様からあまり信頼されていないタイプの人もいます。

こうした営業マンには共通した特徴があり、ネガティブな特徴を多く持っている営業マンほど、お客様に信頼されにくくなります。

ここからは、お客様から信頼されないハウスメーカーの営業マンの特徴について、詳しく解説します。

約束を守らないなどのマナーに欠ける

お客様に信頼されないハウスメーカーの営業マンの特徴は、社会人としてのマナーに欠けていることです。

社会人として信頼できない人は、営業マンとしても信頼することができません。営業マンがしてはいけないマナー違反の中でも特に重大な違反は、お客様との約束を守らないことです。

事前にしっかりと約束をしたのに、それを守ることができない営業マンは、責任感のない人間であるとお客様に思われるので、信頼を大きく失います。

決断を急かす

お客様に決断を急かすことも、お客様から信頼されない営業マンの特徴です。

家づくりは非常に重要なイベントであるため、多くの時間をかけてじっくりと考えてから決めたいと思うことは、お客様にとって当然です。

こうしたお客様の気持ちを一切考慮せずに、決断を急かすような営業マンは、思いやりのない人間だと思われるので、お客様から信頼されなくなります。

お客様により寄り添わない対応

信頼されない営業マンには、お客様に寄り添わない対応をするという特徴もあります。

家づくりのためにハウスメーカーに相談しているお客様は、親身になって話を聞いてもらえる営業マンを求めています。

こうしたお客様の要望に配慮することなく、自分のペースで対応することに固執する営業マンが、お客様の信頼を得ることは非常に難しいです。

心配や不安要素を取り除いてくれない

ハウスメーカーに相談をするお客様は、ほとんどの場合住宅を建てることが初めてであり、不安を感じていることも多いでしょう。

資金のことを心配しているお客様もいるので、こうした不安を解消することは、ハウスメーカーの営業マンにとって欠かせないことです。

お客様から信頼されない営業マンには、こうした不安や心配を解消できる能力がないので、安心して家づくりを任せることができません。

他社批判をする

お客様から信頼されていない営業マンは、他社のことを批判したがるという特徴もあります。

他の会社の批判をする営業マンがお客様から信頼されないのは、軽率な人格が垣間見えるからです。

社会人ならば、軽々しく他人を批判したりしないことはお客様もわかっているので、他社の批判を平然とおこなうような営業マンには、安心して相談できないと考えるお客様は多いです。

信頼できる営業マンの特徴11

お客様から信頼されていない営業マンがいる一方で、ハウスメーカーには、多くのお客様から信頼されている営業マンもいます。

こうした営業マンにも共通した特徴がいくつかあります。ここからは、お客様から信頼されている営業マンの特徴を、あわせて11個ご紹介します。

お客様目線での対応ができる

お客様から信頼されているハウスメーカーの営業マンには、お客様目線で対応できるという特徴があります。

このような対応ができる営業マンが信頼されているのは、お客様の立場に立ってみないと、わからないことも多くあるからです。

お客様の目線に立ちながら相談を受けることにより、お客様が望んでいることや不安に感じていることも、適切に対応できます。

身だしなみが整っている

身だしなみがきれいに整っていることも、お客様に信頼されている営業マンの特徴です。

身だしなみがお客様からの印象に大きな影響を与えるのは、身だしなみを整えることは社会人としての最低限のマナーだからです。

どれほど熱心に相談に乗ってくれる営業マンであっても、身だしなみがいつも悪いと、お客様も心から信頼することができなくなります。

表情や姿勢に気を使っている

お客様に信頼されている営業マンには、姿勢や表情に気をつかっているという特徴もあります。

こうしたこともお客様から信頼されるために重要なのは、営業マンのちょっとした表情の変化で、お客様が不安に感じることもあるからです。

お客様の話を聞いている時に、頻繁に顔をしかめたりすると、お客様が安心して話ができなくなります。

姿勢もお客様の信頼を受けるためには重要な要素で、立った時や座った時の姿勢が非常に良い営業マンは、信頼できる印象をお客様に与えることができます。

ヒアリング力と提案力が高い

ヒアリング力や提案力が高いことも、お客様に信頼される営業マンが持つ特徴です。

営業担当者は、相談を受けたお客様から聞かなければいけない話も多いので、しっかりと相手の話を聞ける営業マンは、お客様から信頼してもらえます。

お客様の話を真剣に聞いている営業マンは、お客様が住宅に望んでいることも正しく理解できます。お客様にとって最適な提案をすることもできるので、さらに深い信頼を得ることができます。

レスポンスが早い

レスポンスが早いハウスメーカーの営業マンも、お客様から信頼されています。

お客様から問い合わせがあった場合にも、こうした能力は非常に重要です。問い合わせをしたのに、いつまで経っても対応しない営業マンは、お客様も信頼して仕事を相談することができなくなります。

レスポンスが早い営業マンならば、お客様を大切にしていることがお客様にも伝わるので、十分に信頼してもらえます。

記録をきちんと残している

会話の内容や相談内容などをしっかり記録として残している営業マンも、お客様から信頼されています。

記録を残すことがお客様から信頼されるために重要なのは、交渉の内容を後で確認しなければいけないこともあるからです。

相談の記録を残している営業マンならば、前回にどのような内容の相談を受けたのか、正しく答えることもできます。

お客様自身が相談の内容を忘れてしまうこともあるので、営業マンが記録しておくことにより、お客様の家づくりをサポートできます。

住宅に関する知識が豊富

住宅に関する知識を豊富に持っている営業マンも、多くのお客様から信頼されます。

こうした能力が高い営業マンが信頼されているのは、お客様が家づくりについて疑問に感じていることを、わかりやすく説明できるからです。

一般の人にとって家づくりはわからないことも多いので、専門的な知識を持っている人に詳しく教えてもらうことは、大きなメリットがあります。さまざまな分野の住宅に関する知識を持っていれば、幅広い種類のお客様の疑問に答えられます。

シミュレーションをきちんとしてくれる

信頼されている営業マンは、家づくりのシミュレーションもしっかりとおこなっています。

シミュレーションが家づくりをする人にとって重要なのは、シミュレーションによって作りたい家のイメージを具体的に確認できるからです。

コンピューターを使用して家づくりのシミュレーションをしている営業マンもいて、CGを使用すれば、お客様が自分の目で作りたい住宅の雰囲気をチェックできます。

不安要素はその都度解消

お客様の不安要素をその都度解消していることも、信頼できるハウスメーカーの営業マンの特徴です。

家づくりを進めるうえで、お客様はさまざまな不安に直面することがあります。このような時にお客様を手助けできるのは、営業マンです。

お客様の不安を取り除くために必要なサポートをその都度提供することにより、お客様は安心して家づくりを進められます。

懸念点に関する説明がある

信頼できるハウスメーカーの営業マンは、お客様が後で「思っていたのと違った」とならないよう、あらかじめ懸念点や注意事項などについてきちんと説明をしています。

どうしても営業する立場としては、お客様にとって耳触りのいい側面ばかりを伝えがちです。ですが、きちんと懸念点や捉え方によってはネガティブに捉えられる部分の説明もきちんとしてこそ、信頼される営業マンなのです。

お客様の不安を解消するために時間をかけて説明をすれば、お客様からも、より信頼してもらえるでしょう。

勝手に話を進めない

話を勝手に進めない営業マンも、ハウスメーカーを利用するお客様から信頼されています。

お客様にとってこうした営業マンが理想的なのは、双方が納得してから家づくりを進めたいと考えているからです。

お客様がまだ決めていないのに、営業マンが独断で話を進めてしまうと、お客様は自分がおろそかにされていると感じてしまいます。

お客様の意見をしっかりと聞いてから話を進めることにより、お客様は営業マンを信頼して、家づくりを任せることができます。

まとめ

ハウスメーカーの営業マンにとって、お客様から信頼を受けることは非常に重要です。

お客様から信頼されるための重要なポイントは、多くのお客様に信頼されている営業マンの行動を見習うことです。

お客様に信頼されている営業マンは、さまざまなことに気をつかいながら仕事をしています。お客様に信頼されていない営業マンを決して真似しないことも、お客様から信頼されるためには必要なことです。