不動産業界ニュース

不動産業界・住宅業界で働く方に向けた業界最新お役立ち情報をお届けします

【2022最新版】不動産ディベロッパーの売上・年収ランキングを調べてみた

投稿日 : 2022年07月28日
不動産業界の中でも「花形」と呼ばれる不動産ディベロッパー。不動産業界も新型コロナウイルスの影響で減収減益になる企業が多い一方、今後は新型コロナの収束に伴って業績が回復する見込みの企業も多くあります。 憧れの不動産ディベロッパー。できるだけ「高年収」かつ「規模が大きい有名企業」に就職したいと考える学生も多いのではないでしょうか? そこで今回は不動産ディベロッパーの特性と、売上・年収の上位5社をご紹介します。
不動産市場の今後

【2022年最新版】不動産業界の今後の課題と将来性を詳しく解説

投稿日 : 2022年07月28日
不動産業界は2010年代に入ってから日本銀行のマイナス金利政策などの恩恵もあり、躍進の10年でした。 ただ、2020年の新型コロナウイルス感染症の流行で生活が一変、それまで好調だった不動産業界にも影響を与えています。 これから不動産業界を志す方にとって、今後の動向は気になるところではないでしょうか? 今回は不動産業界の現状と、今後の将来性・展望などについて紹介します。

ウッドショックとは|発生の原因と住宅価格への影響を解説

投稿日 : 2022年07月28日
住宅業界では「ウッドショック」が大きな話題になっています。 住宅の価格に転嫁されている現状から、住宅を検討している方の関心も高まっています。お客様から問い合わせを受けた住宅事業者も多いのではないでしょうか。 今回はウッドショックの発生原因と、今後の見通しについて解説します。
不動産事務

不動産事務の仕事内容|キツイと言われる理由と改善の方法を解説

投稿日 : 2022年07月28日
不動産業界を目指す方にとって、不動産事務には具体的にどんな仕事があるのか、どんな資格が求められるかは気になるところではないでしょうか? 一般的に不動産事務は「キツイ・難しい」などと言われていますが、最近では業務効率化が進んでいて、必ずしもキツイ職場とは限りません。 今回は不動産事務の仕事内容やキツイと言われる理由、業務効率化が進んでいる点について解説します。
譲渡担保の権利書

譲渡担保についてわかりやすく解説|質権・抵当権との違い

投稿日 : 2022年07月28日
債権者からお金を借りる際、返済を保証するために何らかの「担保」が求められることが一般的です。 万が一、返済ができない状態になった場合、債権者は担保を換金することで債権を回収します。担保に関する権利としては「抵当権」「質権」のほか、「譲渡担保」も利用可能です。 そこで今回は不動産に関する「譲渡担保」について解説します。
不動産ベンチャー営業マン

不動産ベンチャーの年収は?魅力は?注目度の高い企業ランキング

投稿日 : 2022年07月28日
不動産に関連する企業の中でも目覚ましい成長を遂げているのが「不動産ベンチャー」です。従来の不動産業務に最先端のIT技術を取り入れることで、新しい価値やサービスを生み出しています。 今回は不動産業界でも特に注目を浴びている代表的な不動産ベンチャー企業について、特徴やビジネスモデルの概要を紹介します。 不動産ベンチャーに就職、転職を希望している方は、ぜひ読み進めてみてください。

三為契約とは|三為業者は違法?利用することのメリットとリスクを解説

投稿日 : 2022年07月28日
インターネットで調べてみると「危ない」「ご用心」といった検索結果が多く表示される第三者のための契約(三為契約)。 違法性はない正規の契約でありながら、不動産投資を検討している方の中には「何となく不安……」と感じている人もいるのではないでしょうか。 今回は三為契約の基本的な内容と、三為業者を利用するメリット・デメリットを解説します。
北側車線規制のある家

北側斜線制限とは|違反回避のために知っておきたい緩和条件

投稿日 : 2022年07月28日
自由な間取りを決められる注文住宅と言っても、どんな建物でも自由に建てられるわけではありません。住宅を建てる際にはさまざまな規制があり、ルールの範囲内で建築を進める必要があります。 特に全国共通の規制である「斜線制限」は、家を建てるなら誰もが知っておきたい制限内容です。今回は斜線制限のなかでも「北側斜線制限」について、制度の概要と緩和の条件について紹介します。
滅失登記

滅失登記とは|登記簿を取り除くための必要書類・申請方法

投稿日 : 2022年07月28日
建物を解体したり焼失したりした場合に必要になる手続きの1つに、「建物滅失登記」があります。新しく建物を建てる際や空き土地を運用するためには、滅失登記が行われていることが前提です。 この記事では不動産の売買にも影響する「建物滅失登記」について、制度の概要や手続きの流れについて解説します。

【2022年最新版】不動産買取業者のランキング|業者選びの基準になる考え方も紹介

投稿日 : 2022年07月28日
住まなくなった住宅を売却する際、スピーディに手続きを進めるために不動産買取業者を利用する方も多いでしょう。しかし、買取業者は数も多く、どこに依頼するか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。 買取業者には特定の地域に強い業者や一戸建てに強い業者、マンションに強い業者など違いがみられます。 今回は不動産オーナーが不動産買取業者を選ぶポイントと、実績が多い大手の不動産買取業者を紹介します。 不動産オーナーがどのような基準で売却や買取業者を決めるのかを知っておくと自分たちのサービス改善にも役立ちます。