AI不動産査定「リード・ジェネレーター」の概要と特徴

投稿日 : 2021年11月19日


デジタル化・DXがさけばれる昨今。

不動産業界も例外でなく、他社との差別化や内部的な業務効率化が求められています。

今回は、自社サイトに簡単に不動産AI査定ツールを設置できる「リード・ジェネレーター」の特徴やサービス内容・料金体系を解説します。

リード・ジェネレーターとは

「リード・ジェネレーター」とは、自社サイト内に無料の査定ツールを設置して、実際に査定を利用した見込み客を獲得できるツールです。

貴社サイトにWeb査定機能が簡単に追加可能となり、見込み顧客の獲得を実現できます。

お客様は簡単な査定情報入力するだけ。ウェブ上、またはメールにて査定結果を受け取れます。

ツールの見た目はカスタマイズ可能。

自社サイトにあうようにデザインを調整できます。

リード・ジェネレーターを提供するのは、プライスハブルジャパン。

スイス発祥の企業であり、AIによる不動産査定や不動産データの活用など、先進的な技術をもって、不動産に関わる企業をサポートしています。

サービス展開も日本のみならずヨーロッパを含む9カ国を対象にされており、不動産テック業界において注目が高まっています。

リード・ジェネレーターの特徴

自社での見込み客獲得


リード・ジェネレーターの査定機能から査定をしたユーザーは、自社の見込み顧客(リード)となります。

リード獲得一件あたりの単価は100円以下。

対外的な広告をはじめ集客方法の中には、費用対効果が見えにくいものもあるでしょう。

リード・ジェネレータは、潜在顧客に対して従来とは違うアプローチが実現し、今までの費用削減にもつながります。

ウェブサイトへの設置が簡単

通常、サイトをカスタマイズする際は、コーディングやプログラミングの専門知識とスキルを要します。

査定ツールが作成できても、自社サイトへの埋め込み対応に壁を感じる場合も多いでしょう。

一方で、リード・ジェネレーターは、その不安も必要ありません。

埋め込みコードをコピー&ペーストすれば、簡単に自社サイトに査定ツールが適応されます。

査定方法も簡単

お客様は基本的な物件情報と簡単な個人情報を入力するだけで、査定結果がメールで届きます。

導入企業へも見込み客情報として査定情報とお客様情報メールが届き、簡単に見込み客獲得ができます。

リード・ジェネレーターの料金体系

リード・ジェネレーターの料金体系は下記になります。

  • 10,000円から(初期費用なし)

リード・ジェネレーターの資料をダウンロードする

リード・ジェネレーターの導入を検討される方は、下記フォームよりサービス説明資料をダウンロードください。

リード・ジェネレーターの運営会社

会社名 株式会社プライスハブルジャパン
所在地 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング