DMのサブスクの概要と特徴

投稿日 : 2021年09月01日


集客や既存顧客へのアプローチに有効なDM(ダイレクトメール)。

自社で手配をするとなると、手間だけでなくデザインスキルなどを要します。

そこで今回は、DMのデザインから・印刷・発送代行までを定額で代行できるサービス「DMのサブスク」をご紹介します。

DMのサブスクとは

「DMのサブスク」とは、DMのデザインから・印刷・発送代行までを代行できる定額制サービスです。

従来のDMでは作れないような、つい手に取りたくなる珍しい形状・デザインを制作できます。

さらに、1枚ずつの発送も対応可能。

商談や契約の起点をつくることができます。

デザインから・印刷・発送代行まですべてコミコミで5万円/月~でご利用いただけます。

DMのサブスクの導入効果

商談・成約数の改善に

WEB上のアプローチだけでは、商談に至らなかったり、テレアポを断られてしまったりなど、見込み顧客が離脱してしまう場面が多くあります。

DMのサブスクを利用することで、アプローチしづらい見込み顧客であっても、つい手に取りたくなるDMが最後のひと押しとなり行動喚起に繋がります。

営業活動の属人化防止に

お問合せ対応や商談後のフォローなど、営業活動にはアプローチにムラができたり属人化したりするケースもあります。

DMのサブスクは、「商談から3日置きにDMを3通発送する」など、あらかじめDM発送タイミングを設定できます。

追客アプローチ等の対応漏れを防ぐこともできるでしょう。

お客様満足度の向上に

継続して自社のカスタマーであり続けてもらうには、見込み顧客だけでなく、既存顧客への継続したアプローチも大切です。

購入された商品や購入時期などの顧客情報に基づいて定期的に情報提供することで、ロイヤリティを向上させることができます。

DMのサブスクの特徴

DMで1対1のアプローチが可能

紙面は顧客情報に合わせて、1枚ずつ内容を印刷し分けることができるバリアブル印刷を採用。

メッセージ内にお客様のお名前を挿入したり、見込み顧客が興味を持っている情報を入れるなど、一人ひとりに合わせたアプローチが可能です。

思わず手に取りたくなるクリエイティブ

家型や丸形などから選べるさまざまな形状のDMも、料金内で利用できる上、毎月1つ新しいデザインを制作できます。

思わず手に取りたくなるDMのデザインにこだわることで、コンバージョン率は格段にアップします。

マーケティングオートメーションとの連携でさらに効果を高める!

話題のMA(マーケティングオートメーション)「SATORI」とDMのサブスクを連携させることも可能です。

MAでHOT化を検知してからDMの印刷・発送代行までを自動化し、最短24時間以内に発送できるので、見込み顧客の興味度合いが高いタイミングでのアプローチを実現します。

また、SATORI社の公式パートナーでもあるため、MAの運用支援代行までサポートが可能です。

DMのサブスクの料金体系

初期費用 あり
料金形態 月額課金制

DMのサブスクは、利用状況に合わせた料金形態となっています。

100枚以内/月のスタートアッププランの場合は、月額5万円からはじめられるなど、利用枚数に応じた上位プランもあります。

詳しくは資料をご覧ください。

DMのサブスクの資料をダウンロードする

DMのサブスクの導入を検討される方は、下記フォームよりサービス説明資料をダウンロードください。

DMのサブスクの運営会社

会社名 株式会社杉田プリディア
所在地 大阪府大阪市中央区南新町1-3-10 南新町 EXCEL BLDG.3F